自動車保険会社に長年勤めていた管理人が、自動車保険や交通事故について、今まで世に語られることのなかったお得情報を公開しています。無料のご相談も承っています。ぜひご利用ください。

最強の自動車保険の組み合わせとは?徹底解説します!

1. 最強の自動車保険の組み合わせとは?徹底解説します!

ロボ吉
出島Zさん、最強の自動車保険の組み合わせってどんなプランバイ?
 
出島Z
最強の自動車保険の組み合わせかー。
 
出島Z
何をもって最強と呼ぶかにもよるんだけどな。
 
ロボ吉
これだけは加入しておけば安心っていう、ベストな自動車保険のプランバイ!
 
出島Z
んー、難しいなぁ。
 
出島Z
それだったら、保険料(掛け金)の事を考えなければ、最強のプランは全然考えられるんだけど。
 
ロボ吉
どんなプランバイ?教えてバイ!
 
出島Z
教えるのは全然良いんだけど、多分保険料(掛け金)がかなり高くなるかもよ。
 
ロボ吉
良いバイ!加入するしないに関わらず、仮に最強プランを作るとしたらこんなプランになるって感じで良いバイ!
 
出島Z
わかったよ。
 
出島Z
じゃあ、今日は最強の自動車保険プランを紹介していきよ。

1-1. この記事の目的

この記事では 「最強の自動車保険プラン」について詳しく解説をします。

ちなみに、ここでいう自動車保険は任意保険であることを前提に話を進めていきます。

この記事の目的は3つあります。

  1. 最強の自動車保険プランがわかる。
  2. 最強の自動車保険の特約を理解できる。
  3. あなたに必要な補償がなんとなくわかる。

それでは、早速見ていきましょう。

この記事を書いた管理人について

出島Z

損害保険業界に10年居座り続けてしまった出島Zです。元々は生命保険の営業を行っており、その後某外資系自動車保険会社に入社し、交通事故の査定業務、示談交渉を行なっていました。物損担当者・人身損害担当者を経験し、年間600件以上の交通事故を解決に導いてきました。正確に数えてはいないですが、トータル5,000件以上は確実に示談を行ってきました。損保を2社渡り歩きました。FP資格、損害保険募集人(自動車保険、火災保険、傷害疾病保険)、生命保険募集人、共済募集人、高校教員免許保持者。趣味は音楽鑑賞、作成、DJ、ブログ、インテリア、グラフィックデザインです。

2. 最強の自動車保険プランとは?

最強の自動車保険プランを考察していきます。

と言っても「何をもって最強か」という定義が必要なので、定義づけしていきたいと思うのですが、

ここでは「最強の自動車保険プラン」=「事故に遭っても万全の補償がされるプラン」ということで話を進めていきます。

3. 最強の自動車保険プランを教えます

では、管理人がおすすめする最強のプランを紹介します。

出島Zおすすめ「最強の自動車保険プラン」

出島Z

おすすめ度: 5・車両保険(免責0)
・対物保険(無制限)
・人身傷害保険(無制限)
・対人保険(無制限)
・無保険車傷害特約
・搭乗者傷害保険
・弁護士費用特約
・代車費用特約
・新価特約
・他社運転危険補償特約
・対物差額修理費用特約

フルセット中のフルセットです。

これだけ付けていれば正直無敵の補償内容です(笑)

どんな事故でも、何不自由なくカバーできるプランです。

最強を謳うのであれば、僕はこの内容で自動車保険を契約します。

ちなみに保険料(掛け金)のことは一切考えずに補償を付帯していますが…。

では、担保の補償を解説していきます。

4. 最強の自動車保険プランの4つの主役

まずは主力の「車両保険」、「人身傷害保険」、 「対物保険 」、「対人保険」を基本のセットとして付帯します。

これらをつける理由は、これらの4つさえ補償されていれば自動車事故でおこる損害のほぼすべてをカバーできるからです。

事故では、

  • あなたの怪我
  • あなたの車
  • 他人の物
  • 他人の怪我

の損害が発生します。

自動車保険では、この4つを補償していくのですが、それがを 「車両保険」、「人身傷害保険」、 「対物保険 」、「対人保険」 で補償し、

  • 車両保険=あなたの車」
  • 「人身傷害保険=あなたの怪我(同乗者も含む)」
  • 「対物保険=他人の物」
  • 「対人保険=他人の怪我

でカバーします。

万全のカバーを希望されるのであれば、最悪この4つは必ず付帯するようにしましょう。

5. 最強の自動車保険プラン、「無保険車傷害特約」

「 無保険車傷害特約 」は被害事故を想定して加入する特約です。

これを付帯するとどういう補償が受けられるかと言いますと、相手が「自動車保険に入っていない」、または「保険に入っていても補償内容が不十分」な自動車でもらい事故を受けた際に、「死亡もしくは後遺障害の等級認定がおりた際に」加害者が本来支払うべき損害額を自分の保険で受け取ることができる補償です。

死亡もしくは後遺障害等級がおりる事故であり、かつ当て逃げや相手方が自賠責無保険などの際に使える特約なので、ほぼこのような事故は滅多に起きないのですが、確率は少ないながらも、もらい事故に遭った際にすごく助かる特約なので、今回選びました。

6. 最強の自動車保険プラン、「搭乗者傷害保険」

「 搭乗者傷害保険 」はあなたが怪我を負ってしまった際に受け取ることができるお見舞金の保険です。

これを付帯していますと、自分を含む同じ車の中に同乗していた人達が怪我を負い医療機関へ通院・入院した場合に、お見舞い金を受け取る事ができます。

保険会社によって請求できる条件が異なり、

  1. 〜以上入通院した場合に〜万円
  2. 入通院した場合に、一日中あたり〜千円

の2パターン存在します。

そして後遺障害が認められた場合に、後遺障害等級に応じたお見舞い金を保険会社へ請求できます。

あくまでも治療費の実費を請求出来るものではありませんので注意が必要です。あれば手元にお金が残るのでないよりは合った方が良い特約です。

7. 最強の自動車保険プラン、「弁護士費用特約」

「 弁護士費用特約 」は 交通事故における損害賠償請求を行う際に、弁護士を介入し、その弁護士に対する費用を支払える特約です。

大体どこの保険会社も、上限額を300万円に設定し、

  1. 相談料
  2. 着手金
  3. 成功報酬

の項目で請求できるようになっています。最近はどこの保険会社も特約で付帯出来ますね。

西暦2,000年に2社の保険会社が売り出し、そこから今日まで右肩上がりに契約件数が増えた流行りの特約になります。

「弁護士費用特約」の良いところは、被害者の立場で怪我を負っていた際に、慰謝料の金額を「弁護士基準」といって一般に示談する内容よりも多く受け取れたり、後遺障害の申請の際に医師へ意見書を取り付け後遺障害の等級認定を申請してくれたり、直ぐに裁判に移行できたりする点です。(まだまだメリットはたくさんありますが・・・・)

特約の中では一番おすすめの特約ですね。

8.最強の自動車保険プラン、「代車費用特約」

「代車費用特約」は、車両保険に付帯させる特約なのですが、あなたの車を修理に出す際に、代車(レンタカー)の費用を補償する特約です。

地域によってまちまちなのですが、工場やディーラーが保管している工場代車と呼ばれるものは日額3,000円位はしますし、レンタカーだと車種によって異なりますが、軽だと日額3,000円位、大きめのワンボックスだと日額10,000円以上はかかりますので、修理日数分を出すとなれば相当な代車費用になりますよね?

それを補填する特約です。

ただ、僕が知っている方法であれば「無料」で代車を出せたりしますので、気になる人は是非こちらの記事もおススメします。

無料で代車を手配する方法

 ロボ吉 出島Zさん、質問バイ。   出島Z なんだい?   ロボ吉 自動車事故の場合、修理してる間に代えの車が必要になるバイ?   出島Z 代車の事だね。 ロボ吉[…]

9.最強の自動車保険プラン、「新価特約」

「 新価特約」とは、事故で車が全損、や半損(協定保険価額(保険金額)の50%以上)になった場合に、新車を買う際の費用を補償してくれる特約です。

車両保険に付ける特約なのですが、車両保険はあなたの車に応じた時価が契約時に付けられます。

仮に100万の時価がついた際に、一般的な車両保険では毎年20%ずつ時価が下がっていき、

1年目100万円
2年目80万円
3年目60万円
4年目40万円
5年目20万円

このような感じで車両保険の保険金額が下がっていってしまうのですが、

新価特約に加入をすれば、

1年目100万円
2年目100万円
3年目100万円
4年目100万円
5年目100万円

年数が経過しても、時価100万円のままで推移し、事故で全損や半損で買い替えを行う場合に限り、時価100万円を上限に新車の購入費用が補償されます。

新車で自動車保険に加入する場合や、高級車や車価が高い車で車両保険に加入する人にはもってこいの特約ですね。

10.最強の自動車保険プラン、「他社運転危険補償特約」

「他社運転危険補償特約」とは、「記名被保険者もしくはその家族が所有している車以外の車」を臨時に借りて運転して事故を起こした場合に、その車にかけている自動車保険ではなく自分の自動車保険を使って保険金を支払える特約です。

他人の車にも任意保険の加入があればそれを使ってしまえばよい話なのですが、他社の車で事故を起こしてしまえば、「車を貸してくれた人の等級が下がってしまったり」、「そもそもあなたが運転したら補償対象外」ということが想定されます。

他車に乗ることが少しでもあれば、他人に迷惑をかけないために加入するのは良いかと思います。

11.最強の自動車保険プラン、「 対物差額修理費用特約 」

「対物差額修理費用特約」とは、 対物賠償保険で補償する事故で、相手の車に時価額を超える修理費用が発生した時に補償をする特約です。

ちょっと難しい考え方なのですが、日本の判例では、車の時価以上の修理額がかかったとしても修理額を支払う必要はなく、時価までの賠償で事足りるといった考え方があるんです。

日本では民法第709条で下記のように定められています。

『故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。』

またその賠償される車に関して、修理ができないと判断(全損と言います)された場合、車の時価を限度に賠償されることになります。

その根拠が、これです。

『自動車の事故当時における時価額とは、原則として、これと同一の車種・年式・型・同程度の使用状態・走行距離等の自動車を中古車市場において取得しうるに要する価格によって定める。』
最高裁の昭和49年4月15日の判決

なので、全損と判断された場合は、事故車と同一の車種・年式・型・同程度の使用状態・走行距離等の自動車を中古車市場で探し、その車を取得できる金額が認定されることになります。

しかし、この 「対物差額修理費用特約」 を付けていれば、全損に限らず相手方の修理金額までを保険金で支払うことができます。

この内容で以前損保ジャパン日本興亜が炎上をしていました。

是非ここについて詳しく知りたいという方は、この記事をみていただくと理解に繋がります。

損保ジャパン日本興亜の炎上について

1.損保ジャパンの炎上を徹底解説します! ロボ吉 出島Zさん、最近Twitter上で損保ジャパンが炎上してたバイ。   出島Z そうだね、Twitterでかなり叩かれてたね。 ロボ吉 なんでそんな叩かれていた[…]

「対物差額修理費用特約」 はあってもなくても契約者からしたらあまり関係のない特約なのですが(保険会社は 「対物差額修理費用特約」 があってもなくても相手となんとか示談します)、無いよりは付けていた方が自分が加害者の立場になった時に、相手と揉めずに事故解決できる可能性が高くなりますので、付けていた方が無難です。

12.最強の自動車保険プラン(総括)

いかがでしたか?

最強のプランを公開しましたが、おそらくこのプランで自動車保険に加入したら、保険料(掛け金)はかなりな金額になると思います。

ですので必ずしもこれで加入しましょう!というものではありませんので・・ご注意を。

今説明した補償の中で、「あなたがあれば良いな」、「検討してみようかな」と思ってくれたものがあれば、幸いです。

また自動車保険選びで迷っている人は、こちらの記事を読まれることをおすすめします。

あなたにとって最適な自動車保険会社選びができますよ。

おすすめできない自動車保険

1. 【プロが解説】おすすめできない自動車保険を徹底解説します。 ロボ吉 出島Zさん、おすすめできない自動車保険ってあるバイ?   出島Z おすすめできない自動車保険かー、あるよ。   ロボ吉 え、や[…]

おすすめの自動車保険3選

1. 自動車保険のおすすめは?おすすめ保険会社3選を一挙公開します!  ロボ吉 出島Zさん、自動車保険でおすすめの自動車保険ってどこっタイ?   出島Z よく質問される内容だね。   ロボ吉[…]

最新情報をチェックしよう!
    NO IMAGE
    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。
    出島Zおすすめの一括お見積りサイトを紹介!
    自動車保険の無料お見積りはこちら
    出島Zおすすめの一括お見積りサイトを紹介!
    自動車保険の無料お見積りはこちら